今週のうまンchuは、初めて京都競馬場で開催されるダートの祭典「JBCクラシック(Jpn1)」をアンカツこと安藤勝己元騎手と一緒に予想。

統一ダートG1・3勝目を目指すケイティブレイブをはじめ、3週連続G1制覇と絶好調のルメール騎手が手綱をとるサンライズソアや、勢いに乗る3歳馬オメガパフュームなど、砂の猛者たちが激突します。

ボールを陣地に運ばれないようにチーム一丸となって気力を振り絞り必死で死守する様子は感動すら

本命: 14番 オメガパフューム 2着
対抗:  8番 ケイティブレイブ 1着
3番手:  4番 サンライズソア 3着
激推し:  1番 センチュリオン

オメガパフューム
「今年の3歳ダート路線は強い。この辺ならいきなり勝ってもおかしくない」

ケイティブレイブ
「走り慣れていない“京都の軽いダート”で力を発揮できるかちょっと不安だけど、成績は安定しているから」

サンライズソア
「先行馬が多く、展開的には苦しいかもしれないが、下げても来るかもしれないので押さえておかないといけない馬」

センチュリオン
「地方競馬の“重いダート”で結果を残す出走馬が多い中、中央競馬のダートを主戦とする、この馬の一発があるかも…」

サウンドトゥルー
「京都競馬場の“軽いダート”で今までのような“差し脚”が使えるかちょっと不安…」

テイエムジンソク
「かつての勢いがない…先行馬が多く、この馬に向かないレース展開になるかも…」

【気質アップ】 (業務用200セット) アイテック 石膏ボード用フック 8kgまで KSBFM-101 超安い
先月で10才になったハッピーを連れて病院へ